アイデア

天井の虫

天井にでっかな羽の虫がよ まっかっかで綺麗でよ 羽なんか透明でよ 天井見上げてよ てんぷら噛まずに咥えたまんまでよ そしたらてんぷら油っこくてよ そんでも虫はそ...
アイデア

きゅっぽりな女

わたしは蓋です。 あなたにきゅっぽりはまりたい。 あなたを上から見守って、 あなたの温度を守りたい。 わたしは蓋です。 あなたにきゅっぽりはまりたい。 あなたの...
アイデア

今手が離せないんです

今手が離せないんです。 もう少し待ってくださいあとでまた来てください。 先日の、 茄子の漬物は大変おいしくいただきました。 申し訳ないですけど、 あとでまた、来...
アイデア

へいにゅる

なりそこないのどんでん返しが コンセントからにゅるとはみ出 まだ負けじとめったらに 戦うが ヘイ構うな ぺっこぺこの アスファルトが昨日より ぺっこぺこの為 お...
アイデア

けものの穴

けものは 三つの島を錠剤のように 飲み込みました 太平洋が 子供用のビニールの プールのようです けものはおおきいので 僕は、恐ろしい けものは腹に 深い傷を負...
アイデア

小指味噌汁ガスコンロ

右手の小指とガスコンロが、 繋がってしまったよ。コンロに乗った味噌汁の気持ちが、 分かるんだ。 そのまんま、テレビの野球中継を、 見ていたら、 ピッチャーもバッ...
アイデア

タカシ銀色

ある日タカシ君は 銀色というものを 愛しだしました 身の回りの あらゆる銀色を集めて タカシ君は 銀色に埋もれて 眠ろうと思いました 銀の色鉛筆を握りしめ 銀色...
アイデア

大会で負けた少女

金網越しに、 大会で負けた少女を愛した。 遠く点呼の声。 無粋にも低く飛ぶ鳥。 置き引きに遭ったかのように、 仲間に振り向く。 大差の敗北。 冷えたポテトをぼん...
アイデア

私を洗う鉄塔洗い

東の街の鉄塔を洗ったら、私を犯すのだと笑う。私はそれで別に、かまわない。 西の鉄塔を洗ったら、緑の鉄塔だったんだ。 街の誰もそれを知らなかった。その鉄塔はもうず...
アイデア

水滴による雨の夢

ガラスを伝う水滴を見る のと等しく 僕もガラスを伝う水滴である 夕方が終わる のと等しく 僕も夕方を終えるのである 僕は確かに水滴であり 僕は確かに夜に交わり ...