アイデア

肌と空

肌と空の 境目がないので 右頬をつねると ポロポロと ひらがなが落ち 並べれば多分 思い出せるが 左頬をつねると バラバラと 母親が落ち 血液と雲の 境目もそ...
アイデア

毛玉の夢

毛玉と付き合ってます 大きな毛玉です ふさふさして 日向の匂いがします おとなしくて 趣味はマンガの毛玉です 大きさですか? ですから 大きな毛玉です 愛され...
アイデア

犬の窓、20年の夜

軒先に突然現れた、死に別れた犬が言った。 君のことが心配だったんだ。 僕は、少し呆れて、それから笑って、 飼い犬に心配されるなんてな、でも、 エサが欲しいか遊...
アイデア

窓に隙間

窓に隙間 少しだけ 風少しだけ 私少しだけ風 ほら風 生温い シャツ乾く? 明日までにシャツ 鳥 ほらまた鳥 鳥沢山空 空沢山だね ほら列 列まっすぐ たまに...
アイデア

無い子

ほどなくして、少女は現れた。 少女の立ち姿はつまらなかった。 後ろの植え込みにある、 なんだか知らない木々のほうがむしろ、 生きているという感じがする。 少女...
アイデア

蠢く土を吸い上げて

蠢くを吸い上げて どろどろ伸びてく木の枝が 油っぽく照る月へ向け 送る手拍子の音を聞く 街の唸りをすり潰し ずるずる進んでく電車が 磨いた牛皮の色をした 海を...
アイデア

暴風カラカラ

もう無茶苦茶で、自転車もちろん、降りてて、 薄暗いし、寒かったし、Tシャツ飛んでた、空に、多分、 洗濯物でしょ?風、ふざけてるんじゃないだろうか。 やさしい人...
アイデア

母の桃

例えば急に晴れたらしい空すら、 敵だった。 付いてないテレビを随分長い間眺めた後、 なにかぶっきらぼうなことをしてみたいと思い私は、 携帯を居間のテーブルの上...
アイデア

欲望少女ウツロ

わたしはウツロ みんなの声援を聞かせて わたしは戦うわ みんなの為に わたしの体は良く動く とっても強いわ どんどん敵を倒してく どんどん平和になってくわ わ...
アイデア

晴れの日の使い道

晴れ間 どうだろ どんどん晴れ間 昨日のまんま 湿った上着 向かいの瓦がぴっかり光った どうだろな  朝の旗 たったか 晴れ間 どうだろ どんどん晴れ間 育て...